<<基調講演のページに戻る
<<パネルディスカッションのページに戻る

「“子育て都市・東京”をイクメンとつくるために」イクメンサミット・パネリスト提言

 最後に田中(和)さんが、パネルディスカッション中に出たキーワードとなる言葉を改めて紹介した上で、パネリストの皆さんから提言をいただきました。

・青野さん「働き方改革 from Tokyo
 働き方改革をやり切ること。長時間労働をやめて、もっと自由に働ける環境を作ること。

・田中(俊)さん「パパ友を作る
 今すぐできることとして。子育てに関する生の情報を聞くことのできる、地域にいるパパ友の存在は貴重。

・水無田さん「働き方だけではなく、暮らし方改革も!
 働き方ももちろんだが、男性が平日の昼間に地域社会にいても違和感を覚えない暮らし方に変えていくことが大事。

・カミュさん「いっしょにやろうよ! Smile Together
 自分で全部背負う必要はない。仕事も子育ても、周りの助けが必要。皆で一緒にやれば笑顔になっていく。

・安藤さん「LIFEとWORKのハッピーバランス(ハーモニー)
 完璧な育児や完璧なママ、パパはいない。子育てか仕事か天秤にかけるのではなく、バランスの取れたハーモニーを作ることが大事。またLIFEは「命」でもある。長時間労働で働き過ぎないように。

 パネリスト提言の後、登壇者がそれぞれフリップを掲げて並んだ記念撮影を行って、イクメンサミットは閉会しました。



<<基調講演のページに戻る
<<パネルディスカッションのページに戻る

ページトップへ