イクメンサミット開催レポート

★当日の模様を10分のダイジェスト動画にしました。こちらもぜひご覧ください!

 平成28年11月26日、「イクメンサミット~フツメンがイクメンになるために~」を開催しました。天候にも恵まれたこの日、会場は多くのお子様連れの来場者で賑わいました。
 育児に積極的に参画する男性を指す「イクメン」という言葉は、平成22年の新語・流行語トップ10の10位に選ばれました。それから6年が経ち、男性の家事・育児への参画意欲は高まりつつあるものの、働きながらの家事・育児はまだまだ大変な状況にあります。
 実際、東京都女性活躍推進白書では、6歳未満の子供を持つ夫の1日当たりの家事・育児関連時間を取り上げていますが、イクメン先進国であるスウェーデンの3時間21分と比べると東京は1時間17分で2時間以上短く、育児時間だけを見ると東京都は全国平均の39分よりやや長いものの、それでも1日46分です。
 今回のイクメンサミットは、「フツメンがイクメンになるために」というテーマを掲げ、東京で働き、学び、暮らす普通の男性が、仕事と家事・育児を両立させ、夫婦が協力してライフ・ワーク・バランスを実践していくにはどうすれば良いか、東京ならではの特色を反映しつつ考える機会として実施しました。

※ 下線をクリックすると、それぞれのページに移ります。

平成28年11月26日(土) 13:00~16:00
当日の流れ
基調講演「男が家事・育児、いいじゃないか!」
 武蔵大学社会学部助教 田中 俊之 さん 
パネルディスカッション「東京のフツメンがイクメンになるために」
【パネリスト】
 武蔵大学社会学部助教 田中 俊之 さん
 サイボウズ株式会社 代表取締役社長 青野 慶久 さん
 NPO法人ファザーリング・ジャパン 代表理事 安藤 哲也 さん
 タレント セイン カミュ さん
 社会学者・國學院大學経済学部教授 水無田 気流 さん
【司会】
 リーママ プロジェクト リーダー 田中 和子 さん 
「“子育て都市・東京”をイクメンとつくるために」イクメンサミット・パネリスト提言



※募集案内ページはこちら

ページトップへ