平成28年度 DV防止講演会(第2回)

心の傷からの回復をめざして

受付は終了しました。多数のお申込みありがとうございました

 DV被害による心の傷からの回復は、長期にわたることがあります。
回復に向けた実際の治療やその最新動向について、また、生活再建に向けてどのような回復方法があり、それらをどのように活用していけばよいのかについて当事者の経験から学びます。

   
日時 平成29年2月18日(土曜日)
13時~16時30分 (受付開始 12時30分)
会場 東京ウィメンズプラザ ホール(地下1階)
内容・
講師
講演①
「心の傷からの回復~被害の影響と治療の最新動向」
◆講師 小西 聖子さん


  武蔵野大学人間科学部長、心理臨床センター長。臨床心理士、精神科医。昭和52年から東京都心理判定員、平成5年東京医科歯科大学難治疾患研究所の犯罪被害者相談室長等を経て、平成11年から現大学に勤務。
 主な著書に、『犯罪被害者の心の傷 増補新版』(平成18年 白水社)、『新版トラウマの心理学』(NHK出版 平成22年)、『性暴力被害者への支援』(共編著 誠信書房 平成28年)等。

 

講演②
「私が歩んだ回復の道のり~自分にあった方法をみつけるために」
◆講師 野原 沙希さん
               

 NPO法人アーシャ代表。平成14年よりDVサバイバー(さまざまな困難を生き延びた人)としてDV被害当事者支援を行う。DV防止法改正時には被害者の立場から発言。平成21年より現職。千葉県DV防止・被害者支援基本計画管理委員、DVを考える若者フォーラムinちばのアドバイザー等を務め、全国各地の職員研修や啓発講座で被害体験を語り、暴力のない社会を目指し活動している。
対象 都内在住・在勤・在学の方
定員 250名 
参加費 無料
申込方法

▼インターネット(電子申請)の場合はこちらの申込フォームから

▼FAXの場合はページ末の申込様式をご利用ください

▼電話の場合は下記問合せ先までご連絡ください

▼ハガキの場合は以下項目を記載し下記住所までご郵送ください
【1】氏名(ふりがな)【2】性別 【3】職業、勤務先等【4】連絡先(電話、ファックス、E-mail)【5】年齢 【6】保育の希望の有無(希望の場合、子供の氏名(ふりがな)・年齢)【7】参加動機・講師への質問等(あれば)

締切り 平成29年2月8日(水曜日) <受信・消印有効>
※ ご参加いただけない場合のみ、こちらから連絡をさせていただきます。
※ 申込みが定員に満たない場合は、当日参加も可能ですのでお問合せください。
保育 1歳以上就学前まで(先着18名)
※ 申込みは2月8日(水曜日)まで
申込み・
問合せ先
東京ウィメンズプラザ 事業推進担当「DV防止講演会(第2回)」
TEL 03-5467-1980  FAX 03-5467-1977
E-mail wkoza@tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp

チラシと申込用紙のダウンロードはこちら

下のアイコンをクリックすると、ご希望の書類のPDFファイルがダウンロードできます。印刷してご使用ください。


   


PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderをインストールする必要があります。
AdobeAcrobatReaderは無料で配布されており、下のボタンをクリックするとダウンロードする事ができます。
申込書  Adobe社ホームページ

ページトップへ