平成26年第2回DV防止講演会

この講座は終了しました。
子供は配偶者暴力(DV)に気づいています

児童虐待防止法では、子供がいる家庭で起こるDVは児童虐待に当たるとされています。また、内閣府の調査では「DVが子供に影響を与えたと思う」と70%近くの人が回答しています(平成18年男女間における暴力に関する調査)。

本講演会は、DVが子供たちの心身や発達に及ぼす影響を知り、私たち大人に何ができるのかを考えていただく機会とします。

多くの皆様のご参加をお待ちしています!

※ 講演録(要旨)はこちら
日時 平成27年1月31日(土曜日)
午後1時~午後4時15分
会場 東京ウィメンズプラザ B1Fホール
内容・講師
講演1
「子供への影響と対応」
◆講師 白川 美也子さん(精神科医)

こころとからだ・光の花クリニック院長。臨床心理士。東京女子医科大学女性生涯健康センター非常勤講師。
NPO法人女性の健康と安全のための支援教育センター理事、トラウマティックストレス学会理事、日本子どもの虐待防止学会評議会、EMDR学会理事。
著書:「心的トラウマの理解とケア」共著 じほう社
   「DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す」監訳 明石書店

講演2
「DVと子供~子供支援の現場では今~」
◆講師 鈴木 秀洋さん(文京区男女協働・子ども家庭支援センター担当課長)
明治大学公共政策大学院及び神奈川大学大学院法務研究科非常勤講師。日本公法学会、日本集団災害医学会、警察政策学会、日本子ども虐待防止学会、ジェンダー法学会等所属。
著書:「自治体法務改革の理論」共著 勁草書房
   「これからの自治体職員のための実践コンプライアンス」共著 第一法規
定員 250名
参加費 無料
申込方法 ファックス、又はE-mailで(1)氏名(ふりがな) (2)性別 (3)職業、勤務先等 (4)連絡先(電話、ファックス、E-mail) (5)年齢 (6)保育の希望の有無(希望の場合、子供の氏名(ふりがな)・年齢) (7)参加動機・講師への質問等(あれば)を明記の上、お申し込みください。1月23日(金曜日)締切。
※ E-mailの場合は、件名に「DV防止講演会の申込み」と明記の上、お申込みください。インターネット(電子申請)での申込みはこちらから。
保育 1歳以上未就学児、先着12名。1月23日(金曜日)締切、要事前申込。
申込・問合せ 東京ウィメンズプラザ 事業推進係
TEL:03-5467-1980  FAX:03-5467-1977
E-mail:wkoza@tokyo-womens-plaza.metro.tokyo.jp

チラシと申込用紙のダウンロードはこちら

下のアイコンをクリックすると、ご希望の書類のPDFファイルがダウンロードできます。印刷してご使用ください。

PDFファイルをご覧になるには、Adobe AcrobatReaderをインストールする必要があります。
AdobeAcrobatReaderは無料で配布されており、下のボタンをクリックするとダウンロードする事ができます。

申込書  Adobe社ホームページ

ページトップへ